NEWS

ペンションなど割引対応の宿泊情報です。清里ならではホスピタリティー豊かな宿泊をぜひ。バンガロー/キャンプ場もご案内。

  • フェス2021
  • 観光情報

ペンションといえば”清里”と言われる、ホスピタリティー豊かな地域の宿泊を、ぜひフェスをきっかけに楽しんで下さい。

■割引のご案内ができるペンション情報です
フェス会場すぐ隣のバンガロー施設や、広々バンガロー&キャンプもご紹介!

【割引情報】→チケット&宿泊セットの割引です
 詳しくは宿にお問い合わせを

会場から近隣のペンションなど宿泊施設の皆さんが、ハイライフ八ヶ岳のお客さんに、地域限定のローカル割引チケットとセットでの宿泊割引をコーディネートしてくれます。清里/八ヶ岳地域の皆さん向けの限定割引チケットの適用なので、金額などは下記の各宿への宿泊の問い合わせと合わせてご確認ください。
 

ーーーーーーーー
■割引対応の宿はコチラです

□カントリーイン ザ クラシック
https://kiyosato-classic.com/
0551-48-2595

 

□ブルーイングリーン
http://www.blueingreen1996.com/
0551ー48-2789

 

□清里ゲストハウス ブロークンエッグイン
https://broken-egginn.com/
0551-48-2193

 

□ペンションHimawari
https://himawari-1155.jimdofree.com/
090-9159-8501

 

□清里ユースホステル
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~ky-youth/
0551・48・2125
駅から歩いてすぐのリーズナブルで手頃な料金のユースホステル。家族&グループ用の和室もあります。

 

□八ヶ岳美し森ロッジ
http://kiyosato-lodge.com/
0551-48-2311

フェス参加に絶好です
【ハイライフ八ヶ岳の会場へ徒歩10分ほど、森に小型バンガローが並んでいます】

こちらはハイライフ八ヶ岳の会場に隣接するバンガロー施設です。大小3種のバンガローキャビンで、少人数から宿泊可能なリーズナブルな宿です。会場サンメドウズ清里には徒歩で森の中を抜けて10分ほどなので、フェス参加には絶好です。
駐車は宿泊施設のほうで可能なのもちょっとお得でオススメです。

 

↑  ↑  ↑  ↑   
■ここまで割引対応の宿の情報でした
ーーーーーーーー

以下はキャンプ場&バンガロー情報になります
(下記は割り引き対応はありません。ご注意下さい)
↓  ↓  ↓  ↓

ーーーーーーーー
■会場内のキャンプサイトが売り切れても
近隣には車で15分ほどの範囲に
複数の広々としたキャンプ場が点在しています

□地域のキャンプ場情報
https://www.kiyosato.gr.jp/tomaru/camp.html

□清里丘の公園 オートキャンプ場
テントサイトにキャビンも豊富、グランピング体験も。

https://kiyosato-autocamp.com/
0551-48-2300

□新栄清里キャンプ場(Shin-Ei Camp Field)
バンガローも多く、手頃な値段で利用できます

https://shinei-camp-field.toki-lab.com/

 

 

 

以下はフェスの実行委員でもあるペンションオーナー
小林勉さんい語ってもらった、清里だからこその宿泊と楽しみ方です

ーーーーーーーー

■清里だからこそ、40軒以上の個性的ペンション&ホテルが

「清里には、ゆったりとした上質な宿が本当に沢山あるので、それぞれの好みやこだわりで選んでもらえます。僕に負けず劣らないオーナーの個性が出たペンション、ホテルが沢山ありますから(笑)」

ペンション「ブルーイングリーン」オーナーの小林さんは上のように仰っていますが、たしかに清里は40軒以上の個性的なペンション、さらにホテルも大小様々に宿のバリエーションが豊富です。80-90年代から30年近く熟成されてきた数々の宿はそれぞれ個性的で、料理もイタリアン、フレンチ、和食などオーナーのこだわりと個性が現れ、自然体験や、天体観測、クラフト体験などの提供プログラムも、それぞれの宿の個性と地域リソースの広がりも多様です。

地域の観光振興の中心の1人でもある、小林勉さんにお話しを訊いた様子は、こちらのコラムでもっとどうぞ
「ハイライフ八ヶ岳を支える地元人たち♯02:小林 勉さん(ブルーイングリーン)」
https://hi-life.jp/column/840/

ーーーーーーーー
■周辺の宿泊は「清里」だからこその抜群のホスピタリティの
■ペンション、ホテル、民宿へ、ぜひ。

80-90年代の夏の避暑地の代表として「ペンション」という言葉を定着させた、オシャレな観光文化の発信地としての清里は2010年代の今、成熟した姿とホスピタリティーで私たちを迎えてくれます。Hi ! LIFE 八ヶ岳会場サンメドウズ清里の周辺には10分程度で多くのペンション、ホテルがあり、とても幅広い選択肢とホスピタリティーでフェスのお客さんも迎えてくれるはずです。

□清里観光振興会WEBをご参照ください
ペンション
https://www.kiyosato.gr.jp/tomaru/pension.html

ーーーーーーーー
■ホテルだから余裕をもてる時間、子供やお年寄りも

「ホテルは部屋数も余裕あるので、フェスの直前の予約でも対応できるところがありますよね。それと地元の食材の良いレストランがあるのも魅力です。フェスの会場から少し遅い時間に着いても、食事の時間はペンションより融通が利くんじゃないでしょうか(笑)」

なるほど確かに、フェスが終わってからの宿で落ちついて食事ができるのは、ちょっと良いですね。ホテルの多くは施設も立派で気遣いもすくないので、子供連れや、少しお年を召した家族の方とのフェス参加を考えているような場合には、とても良い選択肢になるのではないでしょうか。

地域のホテルの情報は
□清里観光振興会WEBをご参照ください
ホテル
https://www.kiyosato.gr.jp/tomaru/hotel.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観光&宿泊情報についてはこちらのサイトからご確認ください。
→ 清里観光振興会https://www.kiyosato.gr.jp/

清里観光振興会のサイトだとちょっと情報が多すぎて、と思う方には
ハイライフ八ヶ岳のワークショップ企画にも協力してくれている、
「八ヶ岳アウトドア・アクティビティーズ」の提携宿情報もまとまっていてオススメです

八ヶ岳アウトドア・アクティビティーズ提携宿
http://www.y-outdoor.com/accommodation/

■ほとんどの宿が会場から車で10分程度、
■駐車場は出入り自由なので
■音楽フェスと高原リゾートを両方たのしめます。

ちょっとサイトを見ていただければ、目移りしてしまうぐらいにキレイで素敵なペンション&ホテルばかりですが、これも80年代から90年代に日本のリゾート文化を広げた「清里」の歴史がさらに20年以上を経て、熟成した姿です。
こうして紹介している僕自身が泊まった宿もまだ数えるほどですが、どちらの宿にもこの30年の歴史の中で生き残ってきた確かなクオリティーがありました。
今回「ハイライフ八ヶ岳」の駐車場は出入り自由になっていますし、会場サンメドウズから各ペンション&ホテルまでは10分前後のところが圧倒的に多いので、この機会に清里のペンションに泊まってみるのもオススメです。

■体験プログラムに、フェスの前後で参加しては?
宿の紹介サイトとしてもお伝えした「八ヶ岳アウトドア・アクティビティーズ」ですが、フェスのワークショップ企画にも協力してくれています。また日常的にも、セグウェイ、トレッキング、ヨガ、登山、ドッグプログラム、ガイドウォーク、スノーシュー、スキーシューなどの体験プログラムを実施&充実しているので、フェスの前後に合わせての参加もいかがでしょうか?

八ヶ岳アウトドア・アクティビティーズ
http://www.y-outdoor.com/