ABOUT ハイライフ八ヶ岳

素晴らしい音楽を八ヶ岳の大自然と、
美味しい地域の食と恵みと共に

八ヶ岳のど真ん中、標高1600mからの“絶景音楽フェス”「Hi ! LIFE 八ヶ岳」は、富士山から南アルプス、秩父連峰までを望む360度の大パノラマと共に開催します。素晴らしい音楽が、最高の環境の中で広がる贅沢。清里&八ヶ岳の豊かな地域からの美味しい食も広がります。さらに会場は、東京から二時間、JR清里駅からも近く、周辺にはペンション&ホテルも充実、会場の星空の下でキャンプインも可能です。

絶景リフト乗り放題

会場の最高標高1900mに一気に昇る、絶景リフトに乗り放題なのは、このフェスの音楽につづく最大の楽しみかもしれません。ほぼ八ヶ岳そのものと言っていい、標高1900mからの“絶景”は、富士山から南アルプス、秩父連峰までを望む360度の大パノラマ。このフェスならではの圧倒的な楽しみと好評です。

会場マーケットと地域に広がる、美味しい食と恵み

会場には、絶景と共に地域と各地からのマーケットが広がります。八ヶ岳と南アルプスの豊かな大地に育まれた食文化は芳醇で、会場でも美味しいものが楽しめますが、さらに会場を一歩出れば、フェス会場から10-15分程度の地域にも沢山の素晴らしいレストランや農場が点在しています。

自然のど真ん中だからこそ、ワークショップが充実

地域のオーガナイザー「八ヶ岳アウトドア・アクティヴティーズ」や清里「キープ協会」などにもご協力いただき、実行委員でもあるアウトドア・ライターの草分け「シェルパ斉藤」さんも自らプログラムを作ってくださるなど、ワークショップの広がりも着実で、八ヶ岳に来たからこその楽しみに皆さんを巻き込もうと、みんなで手ぐすね引いています(笑)
また、会場の近くには「八ヶ岳自然ふれあいセンター」「八ヶ岳自然文化園」、電波望遠鏡で有名な「国立天文台 野辺山」などの自然体験施設も数多く点在しています。

80年代からのペンション&ホテルと観光の充実

さらに80年代から注目され話題を作ってきた、沢山のペンションやホテル群をはじめとする夏の避暑地としての文化と最高のロケーションもあらためて注目されつつあり、JR清里駅を中心に車で30分ていどの距離感に広がる絶景ポイントの数々を巡る観光も、夏の八ヶ岳ならではの楽しみです。

縄文文化の広がりから戦国「武田信玄」そして現代の若者文化まで

1万年の刻を超えて周期的に盛り上がるという縄文ブーム。また再燃の兆しがあるようですが八ヶ岳山麓は縄文好きにはたまらないという土地。遺跡と資料を展示する施設が数多くあり、それらを巡るダイナミックな山麓の姿には、その緑と空間の余白が古代の生活を豊かに創造させてくれます。
さらに山梨を代表する歴史文化といえばの戦国武将「武田信玄」にもつながる土地であり、80年代の若者文化の一端を象徴した清里のペンションやホテル、避暑地の文化は時の流れと共に熟成し、落ちついた姿で訪れる人をもてなしています。

豊かに息づいてきた地域と新たな移住者が交じり合うエネルギー

ここまで数々の要素からお伝えしてきたように、山梨から長野に広がる八ヶ岳の南西麓地域では、縄文の昔から人が住み続ける脈々とした地域文化の伏流があり、80年代の注目から20年以上が経って発酵熟成しつつある地域文化の再評価が始まっています。そこに近年では、地域創生の流れの中での移住先としての注目もあり、エネルギーのある若者たちも数多く現れ、新しい時代の地域文化を創造する場としてのポテンシャルも沸々と高まっているのです。

3年目を迎えた2019年の「ハイライフ八ヶ岳」は、さらに多くの人が集い、八ヶ岳/山梨にご縁ある多くのアーティストやクラフト出店者、美味しい食べ物やお酒をつくる地域のお店の皆さんなどを中心とした、大きな輪を広げて盛況に終えることが出来ました。関東を中心にした各地からのお客さん、特に家族でキャンプやペンションでの宿泊と共に参加される来場者が増え、2000人に迫る参加者となりました。サンメドウズ清里に来場され、マーケットや3rdステージを観覧された方々を合わせると4000人近い方が参加してくれたことになります。昨年の開催で出演者の佐藤タイジが「もう延びシロしかない!素晴らしい場所だね、八ヶ岳は!!」と言ってくれたように、出店者は応募段階から倍近くに増え、出演者みなさんからもこれまででも最高の好評を得る年でした。標高1600mから1900m「日本一標高の高い音楽フェス」と言えるカタチが、名実共にできあがった3年目と感じています。これまでと同じく、地域有志との拡大ミーティングなどを丁寧に続け、地域と会場のポテンシャルを活かし、フェス成長の可能性をしっかり広げて2020年開催を目指します。地域の皆さま、関係者の皆さまには、引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
ハイライフ八ヶ岳 事務局プロデューサー 鈴木幸一

名称
ハイライフ八ヶ岳2020
URL
https://hi-life.jp
開催日時
2020年9月12日(土曜) 9:00~21:00 - 13日(日曜) 9:00~19:00<雨天開催>
会場
サンメドウズ清里 
〒407-0311 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1
http://www.sunmeadows.co.jp
主催
Hi ! LIFE 八ヶ岳 実行委員会、アースガーデン
共催
サンメドウズ清里、(株)ザイグー、VISUAL AND ECHO JAPAN
企画制作
(有)en
事務局
アースガーデン 
TEL : 03-5468-3288 MAIL : info@hi-life.jp http://www.earth-garden.jp