NEWS

キャンプサイトセット残り100組弱です:一年に一度の特別なキャンプを満天の星空の下で !(ソロキャンプ売り切れ間近です)

  • フェス2021

すっかり夏まっ盛りの八ヶ岳ですが、いつも気持ち良い風が吹いて、夕方にはさらに爽やかです。特に会場のある標高1000m超の清里高原地域は、カラマツなどの森や、年に何度か出会う鹿などが折々に別世界を見せてくれて嬉しくなります。

■限定キャンプサイトは残り100組弱(ソロキャンプは売り切れ間近)
 一年に一度の特別なキャンプを満天の星空の下で一緒に楽しんでください

そんな準備の中ですが、限定のキャンプサイトセット券が残り100組を切りました。今年はおかげさまで昨年の2割増しのペースでチケットが売れていますが、昨年もお盆前後でチケットが伸びたので、キャンプサイトセット券の売り切れも近そうです。近隣のキャンプ場やバンガローのご案内の準備もしていますが、駐車場を利用して会場内でキャンプをご希望のグループの方はお早めにチケットをご購入ください。

大自然のど真ん中、標高1600mを超える高原がハイライフ八ヶ岳の会場です。
昨年の初日の夜は、満天の星空での素晴らしいキャンプインになりました。
一年でハイライフでだけの、特別なキャンプインです。ぜひ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キャンプサイト・チケットはこちらの
https://hi-life.jp/ticket/_「キャンプサイトセット券各種」
から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主会場は標高1600mを超える高原の広大な草原傾斜地。大自然に抱かれた絶景の会場は感染防止の観点でも、とても安心感があります。もちろん風通しは最高、3密にはほど遠く、コロナ禍からも最も離れた環境です。

■八ヶ岳の自然のど真ん中でのキャンプ&フェスは最高です
限定250組のキャンプ受け入れなので、お早めに!

コロナ禍の中でキャンプがすっかり人気ですが、ハイライフ八ヶ岳も昨年はキャンプでの参加が増えました。今年もレイアウトの変更などの中でも例年並みの受け入れができるよう、サイトの整備や対応強化を相談しています。(それでも限定250組です。すいません!)
八ヶ岳のど真ん中、標高1600mの会場でのフェスを満喫するのに、キャンプでの参加は最高の選択肢で、さらに会場でのキャンプは年に一度ハイライフ八ヶ岳だけでの特別なことです。
さらに昨年は満天の星空でのキャンプが実現し、素晴らしい音楽ライブと共に満天の星空が広がり、夜の余韻も本当に心地よいものでした。八ヶ岳という唯一無二の素晴らしい環境でのフェスを実感する開催だったと思います。もちろん、キャンプインだからこそ参加できる夜や早朝の企画は今年も準備中です。1年に一度、特別なキャンプが実現する今年のハイライフ八ヶ岳には、ぜひキャンプで参加してください!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キャンプサイトの参加については
こちらのチケットページの
https://hi-life.jp/ticket/
「キャンプサイトセット券各種」
からご確認お願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、会場は自然保護地域となるため、サイトでのコンロや焚き火など火気の使用は厳禁となります。今年2021年は会場レイアウトの変化があり、焚き火ステージやBBQの受け入れはまだ検討中でお約束できません。飲食については会場内に拡がる地域の豊かな飲食ブースのご利用と、火気を使わない携行食のご利用などを工夫していただくよう、お願いいたします。

【準備中です】ペンションなどのフェス割引でのご案内
清里だからこそのオシャレで快適なペンションなどでの宿泊について、毎年のご案内として、地域限定チケット割引を適用する宿泊割引を今年も準備中です。今年の参加のペンションさんなどまだお知らせできませんが、8月アタマにはご案内しますので、今しばらくお待ちください。
こちらは昨年のご案内です。https://hi-life.jp/news/1660/ご参考ください

 

■地域の観光情報、温泉情報なども、まとめています
大自然の中に広がる絶景と、地域ならではの美味しいものなどを是非!

ハイライフ八ヶ岳の地域は大自然の中に施設が点在する、とても余裕のあるマチづくりになっており、普段から人と人の適度な距離感「ナチュラル・ディスタンス」が保たれている土地柄です。だからこそ移住人気でも指折りなのだと思います。

地域の情報は以下のNEWS記事でまとめているので是非
【観光情報】会場駐車場が出入り自由なので、欲張って八ヶ岳を満喫
https://hi-life.jp/news/285/

【温泉情報】昨年の絶景フェス写真、観光&絶景情報までをご紹介です
https://hi-life.jp/news/1012/

※上記は過去のNEWS記事の引用になります。
リンク先の一部情報などが変わっている場合がありますのでご注意下さい