NEWS

DJ starRo 標高1900mで絶景プレイ、さらにトーク&YOGA企画などと共に、今年もネイチャーとカルチャーを縦横します!

  • フェス2020

■DJ starRoによる、標高1900mでの絶景DJプレイが決定
さらに、充実のトーク企画、モーニングYOGAなど、
今年もネイチャーとカルチャーを縦横するハイライフ八ヶ岳です

当日プログラムのタイムテーブル詳細を発表しました!
https://hi-life.jp/timetable/

昨年のハイライフ八ヶ岳の隠れたクライマックスと言える、リフトで上がる標高1900m清里テラスでの絶景プログラム、今年はDJ starRoのプレイで、実現です!
13日日曜日朝10時からの予定です。リフトで一番乗りで、お願いします。
このとおりのオンリーワンのシチュエーションの為、当日お天気しだいとなります。台風余波もあり、少し不安定な週末への様子です。みんなの願い、天に届けー!(笑)


DJ starRoは12日夜の焚き火ステージ光にも登場、 #ライブフォレストフェスでのDJプレイで予習を!

 

■モーニングYOGAもやります!
そして、キャンプサイトが目の前のメインステージの日曜日の朝は、八ヶ岳で活動する地域からのシンガー「さとうこむぎ」のウクレレ・ライブからのモーニングYOGAです。YOGAワークショップのバックではハラグチヨシフサによるスリットドラムのプレイも入る、フェスだからこその贅沢さ。
標高1600m高原の朝を、豊かにスタートさせますので、お楽しみに。

 

■充実のトーク・プログラムでネイチャーとカルチャーを
往復して今年も大充実なのです

さらに多様な地域文化と自然と交わるネイチャー・カルチャーに出会って欲しいと、実行委員と地域の皆さんとワイワイ考えた「トークプログラム」も大充実。ちょっと紹介しきれないテンコ盛りなのですが、多彩で貴重なメンバーが次々登場しますので、是非ぜひチェック&参加をお願いします。
トークプログラムの中に、あなたと八ヶ岳と地域自然を深く豊かに結ぶヒントが、きっと溢れています!

萩原“ナバ”裕作(森林文化アカデミー准教授・「morinos」発起人)
小口良平(自転車冒険家)、青木亮輔(東京チェンソーズ)、宮 武弘(ウクレレシンガー)
四井真司(パーマカルチャーデザイナー)、池田やすみち(北杜市市議会議員)
土屋誠(BEEK編集長・アートディレクター)、斉藤和真(かえる舎代表)、
シェルパ斉藤(バッグパッカー・紀行作家)、河野秀男(八ヶ岳 universal base Himawari)、
川嶋直(環境教育フォーラム)、諏訪哲郎(八ヶ岳SDGsスクール理事長)、
高野孝子(冒険家・環境教育家)、渡辺英子(北杜市市長)

こうしてお名前と肩書きだけ、ズラーッと並べても、多彩で壮観でナゾもきっと多い(笑)
この人なにしているんだろう? どんな話しを聞けるんだろう? と思ってもらえたら、
ぜひトークステージへ。そしてプログラムはキッカケに過ぎません。
八ヶ岳のこと、音楽のこと、地域や自然やアウトドアのこと、
面白いと思ったら遠慮なく、スピーカーをつかまえて、話して訊いてみて下さい!

トーク参加者の詳細はコチラで
https://hi-life.jp/artist/
トークプログラムはコチラで
https://hi-life.jp/timetable/