NEWS

開催を2020年9月12日(土)-13(日)に延期とさせていただきます。あらためて時間をかけ、素晴らしい開催を実現させたいと思います。

  • フェス2020

ハイライフ八ヶ岳2020の開催は、2020年9月12日(土)-13(日)の日程に延期とさせていただきます。
チケットはそのまま9月開催でも使っていただけますし、払い戻しも可能です。
払い戻しに関しましてはこちらをご確認ください。

出演の振り替えについて調整中のアーティスト皆さんとも確認を進め、早いうちにあらためての確認と、新たな出演者の発表も進めたいと思っています。
出演決定アーティストについてはこちらをご確認ください。

コロナ禍の中でほとんどの夏フェスが中止となっても、この八ヶ岳の素晴らしい自然と地域の魅力は何も変わることはありません。これから迎える“夏”の魅惑的な姿を通して、あらためて地域の魅力、大自然の気持ち良さをお伝えしながら、ハイライフ八ヶ岳の開催に向かっていけることはとても幸福なことだとも感じています。
7月開催を楽しみにして下さった皆さんには恐縮ですが、このチャンスを最大限に活かし、素晴らしい開催を実現させます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

以下6/20にいったん発表した記事より引用になります
ーーーーーー
■ハイライフ八ヶ岳の開催は、この秋、9月へ延期とさせて下さい。

6/11に「地域の皆さんと行政関係などにご相談を続けています。」とご報告して、また1週間が過ぎてしまいました。ハイライフ八ヶ岳の開催について気にかけていただいている皆さんには本当に恐縮で、申し訳ありませんでした。
この間にも色々な動きがあったのですが、結論としてハイライフ八ヶ岳の開催は、この秋の9月へ延期とさせていただきます。

この2週間強で、東京都の自粛緩和はステップ3へ移行しライブハウスの営業なども再開しつつあり、国の自粛緩和も都道府県をまたぐ移動についても全面解除となりました。野外での1000人までのイベントも胸を張って実施可能となったところで、開催を実現できる社会的な状況とガイドラインは着々と前に進んできたと感じています。
一方で東京都をはじめとする都市部での感染は低レベルとは言え続いており、本来のハイライフ八ヶ岳のテーマでもある、八ヶ岳の自然と地域の魅力をしっかりと伝え、それを実感してもらえる開催を目指すことには、時間的な問題が大きく立ちふさがってもきました。
そうした中で、あらためて地元地域の皆さんからの声と、会場サンメドウズ清里のご配慮と調整があり、5月終わり時点では難しいとなっていた9月への開催延期について、前向きなご提案をいただくことができました。

■新日程のお知らせに今しばらく数日いただけるようお願いします
■チケットはそのまま9月開催で使用可能です。払い戻しもできます。

チケットをご購入いただいた皆さんには、チケットはそのまま9月開催で使用可能ですし、払い戻し対応も順次始めますので、今しばらく案内をお待ち下さい。
また、出演アーティスト皆さんには順次に延期日程でのご出演のお願いと確認を進めています。こちらも確認相談が進むなかで発表を進めていきますので、どうぞお待ちください。
この前代未聞のコロナ渦の中での非常対応とは言え、開催3週間前の延期発表となり、大変申し訳ありませんでした。
前にも記したとおり、本来のハイライフ八ヶ岳のテーマは、八ヶ岳の自然と地域の魅力を実感し満喫してもらえるフェスの開催です。延期となることであらためて、丁寧に八ヶ岳の自然のパワーと地域の魅力をお伝えし、フェス当日の楽しみと魅力を倍加させていけるはずです。
どうぞご期待ください。よろしくお願いいたします。

■あらためて、フェス参加者の皆さん、地元地域の皆さん、よろしくお願いいたします。

ギリギリの進行を覚悟で進んできたこの3週間ほどで、地域でのミーティングやご相談も主要なものだけで4回+α、時間は合計10時間を軽く超える真剣なお話しの機会でした。
スケジュール的な無理を推しても開催するか、地元の理解が得られなければ中止か、と関係者みなさんにご無理を言うところも多々あったと思いますが、こういう機会だからこそ率直なお話しもでき、強く協力をお約束いただく方々も少なからずいらっしゃいました。きっと今回の延期へのプロセスは、今後のハイライフ八ヶ岳にとって大きな財産となると思います。
こうして延期日程となり、あらためて時間をかけてハイライフ八ヶ岳の準備を進められることは幸せなことだと思います。

勿論この間に、より丁寧に新型コロナの感染予防などの呼びかけや対策をとっていくことも可能になりますし、地域の方々とも相談協議しながら進めていくことができます。
このチャンスを最大限活かして、素晴らしい開催を実現したいと願っています。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

ハイライフ八ヶ岳プロデューサー
アースガーデン代表 鈴木幸一