NEWS

12/19ライブ本番へ向けてお蔵出しライブ画像で出演者をご紹介します!

  • エクスプレス
  • フェス2021

開催まで数日と迫ってきた「ハイライフ・エクスプレス」。着々と準備を進めながら、また皆さんと一緒にここ八ヶ岳の地でお会いできること、また初の試みとなる屋内会場でどんなライブが繰り広げられるのか期待に胸を膨らませています。

■出演者の紹介をお蔵出しライブ画像と共に

フェスの空間から遠ざかってしまっている今、1年と数カ月ぶりとなる私たちの試みに急なスケジュールの中出演を決めてくれたアーティストたちは、ハイライフ八ヶ岳と馴染みの深い皆さんばかり。八ヶ岳の大自然の中で繰り広げられるライブの写真を見返していると、皆さんと過ごした素晴らしいステージの息遣いが蘇ってように感じられます。そこで皆さんにも改めて八ヶ岳のあの環境で開催された過去の音楽フェスの様子を見てもらいながら、「ハイライフ・エクスプレス」に出演するアーティストたちの紹介をしていきたいと思います!

渋さ知らズ“EXPRESS”セッション

冬の八ヶ岳を熱狂させてくれるのはやはり“渋さ知らズ”でしょう!

これまで開催してきたハイライフ八ヶ岳でステージの度にステージと客席を熱狂の渦に巻き込んできた渋さ知らズ!会場全体を魅了する彼らのステージはまさにフェスティバルそのものを体現しています。

今回のハイライフ・エクスプレスでは「“EXPRESS”セッション」と題して、これまでのステージとはまた一味違ったROCKテイストでの演奏を予定しています!噂によるとリーダー不破大輔氏自らベースを握り演奏をするとの噂も?屋外ステージでは体感できない渋さ知らズのエンターテインメントに満ちた空間をぜひ感じてみてください!

■yonawo

次世代のポップシーンを牽引するyonawoが再び八ヶ岳に!

2020年開催のハイライフ八ヶ岳でも、そのグルーヴィーな演奏と深く耽美な世界観を放っていたyonawo。ハイライフ・エクスプレス会場でのステージもまた彼らの音楽性をより色濃くしてくれるでしょう。

ジャズやソウルなどからインスパイアを受けているという彼ら。オールディーな甘い空気感を纏いながらも、鮮度とハリのある都市感が織り交ざる重層的なサウンドが特徴。ボーカルの荒谷翔大によって紡がれる内省的で哀愁漂う言葉たちも、バンドの心象風景をより一層際立てるものとなっています。若いリスナーから往年のミュージックラバーまで楽しめるyonawoのステージをぜひ八ヶ岳で!

■蓮沼執太&ユザーン

「ようこそ、こんにちは」唯一無二、ディープでキャッチーな音の掛け合い

ハイライフのステージでも唯一無二の存在感を放っていたこの二人。音楽家の蓮沼執太とタブラ奏者のユザーンによるユニットとして、多様な形態でライブ活動を展開。キャッチーでありながら、深く潜りこむようなダークで繊細な音楽性に引き込まれます。

蓮沼執太は今年8月に開催された「東京2020パラリンピック」旗入場曲としてパフォーマンスされた楽曲「いきる | LIVE」の作詞・作曲・編曲を手がけ、歌唱はこれまたハイライフでもおなじみの坂本美雨が抜擢、その高い音楽性と伸びやかな歌声が反響を呼びました!今回そんな蓮沼の恋女房をつとめるのは日本におけるタブラ奏者の第一人者として活躍しているユザーン。二人の音の掛け合いがまたここ八ヶ岳に響きます。

■奇妙礼太郎

圧倒的な歌声にのせられる“ラブ&ナード”な精神世界にトリップ

「ハイライフ八ヶ岳AIDラジオ」での初ステージでは、その類まれな歌声と表現力で観るものを圧倒した奇妙礼太郎。メロウな旋律に乗せられる彼の慈悲深く切ない言葉たちが、今でも耳から離れないでいるようです。

2021年6月9日にオリジナル作品としては3年ぶりとなるミニアルバム「ハミングバード」をビクターエンタテイメントよりリリース。これまでバンド活動を経てソロボーカリストとしてCMソングなどでも活躍を続ける中、近年さらにライブでのパフォーマンス力が上がっていると関係者も太鼓判をおす圧巻のステージを会場で!

■佐藤タイジSolarismセッション

今年の冬もわれらが日本代表ロックスター佐藤タイジの熱いステージを!

ハイライフと言えばこの人!われらがロックスター佐藤タイジが冬の八ヶ岳にやってきます!ハイライフ・エクスプレスの会場をファンキーに盛り上げる最高責任者として、パッショナブルなギタープレイと抜群の歌唱力、そして爆笑のトークMCにもこうご期待!笑

太陽光発電システムによるロックフェス「THE SOLAR BUDOKAN(since 2012)」の主宰者でもあり、わたしたちの想いにも深く共感してくれている佐藤タイジ。彼のメッセージ性溢れるボーカルと多くのミュージシャンからも支持の厚いギターパフォーマンスをまた皆さんにお届けできるのが楽しみでなりません!音楽を、そしてフェスを愛する皆さんにぜひ彼のステージを体感してもらえたら嬉しいです!

■nego

映像と絡み合うハイブリットなダンスミュージックに魅了される!

ヴァイオリン、映像、ベース、ギター(タブラ)から成る演奏でハイライフのステージを盛り上げてきたnego。ジャンルにとらわれず様々なエッセンスが織り込まれた独自の”ループミュージック”に注目です!

ライブでは、ダブを基調としたダンスミュージックに映像(VJ)がリアルタイムに絡み、negoでしか表現できない無二のステージを展開!LIVE感溢れるジャムパートの緊張感やグルーヴ、そのダイナミクスが観る者を引き込みます。バンド演奏とダンスミュージックが融合したハイブリットなnegoのステージをぜひその目で確かめにきてください!

■VJ mitchel

ハイライフのステージを変幻自在に彩る「ヴィジュアルジョッキー」

アーティストやDJの演奏に合わせて映像演出をするVJ(ヴィジュアルジョッキー)としてハイライフのステージを支えているVJ mitchel。彼の手掛ける映像世界はまさにハイライフの醍醐味ともいえるでしょう!

ハイライフ八ヶ岳の開催地でもある山梨県北杜市に在住。VISUAL AND ECHO JAPANに所属しWeb Producerとして当サイトの運営やWEBに関わる様々な業務で活躍しながら、FUJI ROCK FESTIVALへの出演など様々なアーティストのステージでVJ演出を手掛けているVJ mitchel。今回わたしたちとして初の試みである屋内でのフェス開催、彼が創り出すハイライフ・エクスプレスのステージはどんなものになるのか、ぜひお楽しみに!

 

■全出演者の情報は、こちらのリンクから
https://hi-life.jp/express2021/

チケットの情報と購入はコチラから
https://hi-life.jp/express2021/

今回も「感染症対策」をしっかり進めます

https://hi-life.jp/covid-19/

来場者には「個人情報」の登録を、万が一の感染対応など踏まえてお願いいたします

https://hi-life.jp/visitor/