NEWS

チケット発売を開始します。アーティスト発表も近日に!12月「ハイライフ・エクスプレス」をどうぞよろしくお願いいたします。

  • エクスプレス
  • フェス2021

諸々発表お待たせしておりますが、まずは先立ってチケット発売を開始させていただきます。
アーティスト発表も、近日中の予定です!
12月「ハイライフ・エクスプレス」をどうぞよろしくお願いいたします。

出演者発表もまだのタイミングでのチケット発売で恐縮ですが、急遽開催が決定した中で徐々に内容が固まってきており、今までにない“冬のハイライフ”をお届けできる期待に胸を躍らせています。チケットご購入の案内をさせていただきつつ、後半では「ハイライフ・エクスプレス」の魅力を皆さんにお伝えさせてもらえればと思います。

ハイライフ・エクスプレス~冬の八ヶ岳で出会う音楽ライブの一日~

■開催予定
・2021年12月19日(日)
・13:00~19:00

■会場
・アルソア女神の森セントラルガーデン
(山梨県北杜市小淵沢町1578/JR小淵沢駅近く)

■チケット料金

5,000円

【「ハイライフ・エクスプレス」の魅力!】

■「冬だから」こそ味わえる、12月の八ヶ岳を感じてみてください
■屋内会場でしかできない美しい映像演出と素晴らしいアーティストのライブを体感!
■地域の美味しさと豊かさを広げるグルメやドリンクなど出店も多数!

■都心から電車で約2時間!お車でもアクセス良好な「ハイライフ・エクスプレス」

 

チケットの情報と購入はコチラから
https://hi-life.jp/express2021/

今回も「感染症対策」をしっかり進めます

https://hi-life.jp/covid-19/

来場者には「個人情報」の登録を、万が一の感染対応など踏まえてお願いいたします

https://hi-life.jp/visitor/

■「冬だから」ハイライフをすることにしました

まだアーティスト発表のない段階で、それでも是非みなさんに参加していただきたい。そこでまず皆さんに伝えたいことは、「冬」でしか味わえない八ヶ岳の澄み切った空気や、自然、豊かな地域環境の魅力です。花や葉を落とし枝をあらわにした木々の姿や、額に感じるひんやりと澄み切った空気。夜には街灯のない純粋な暗闇につつまれ、さらに冬が深まれば美しく雪化粧をした八ヶ岳をはじめとする山々を望むことができます。そんな夏とは違った“八ヶ岳の冬”の魅力を皆さんにも感じてもらいたいと思っています。

■屋内ステージでしかできない幻想的な映像演出と音楽の融合

これまでのハイライフ八ヶ岳では、開放的な野外会場で素晴らしいロケーションの中で音楽を楽しんでいただきましたが、「ハイライフ・エクスプレス」はまたそれとは違う空間を演出します。メインホールの「陽陽-Yoyo-」とサブラウンジ「陽樹-Yoju-」の2ステージに分かれ、それぞれのホールの魅力を活かしつつ、バンドセットやコースティックのライブに合わせた幻想的な映像演出をお届けします。非現実的な空間の中で素晴らしい音楽ライブを楽しんでもらえると思っています。

■地域の美味しさを頬張る!カラダもココロも温まる料理やドリンクをご用意!

美味しい地域店の出店も多数予定しています。冬だからこそカラダとココロを温めてくれる料理やドリンクを楽しめるのも「ハイライフ・エクスプレス」の魅力。ひんやりとした八ヶ岳の息吹を感じながらぜひ地域の美味しさを頬張ってもらえたらと思っています。

■都心から電車で約2時間!週末は気軽に「ハイライフ・エクスプレス」へ!

会場までは電車であれば都心から最寄り駅のJR中央線小淵沢駅まで約2時間程度、駅からは徒歩15分程度。またお車であれば中央道小淵沢I.Cから車で約5分とアクセスも良好です!周辺にはホテルやペンションなど宿泊施設も充実、終電までも余裕を持ったスケジュールを予定していますので、週末ゆったりと八ヶ岳を観光しながらご来場いただくことができます。

会場へのアクセス詳細は「アルソア女神の森セントラルガーデン」HPからご覧ください

【アクセスについて】

http://www.megaminomori.jp/access.html

地域の情報は以下のNEWS記事でまとめているので是非
【観光情報】会場駐車場が出入り自由なので、欲張って八ヶ岳を満喫
https://hi-life.jp/news/285/

【温泉情報】昨年の絶景フェス写真、観光&絶景情報までをご紹介です
https://hi-life.jp/news/1012/

※上記は過去のNEWS記事の引用になります。
リンク先の一部情報などが変わっている場合がありますのでご注意下さい

出演者発表をはじめ、詳細情報などは順を追って当WEBで公開していきますので、引き続き「ハイライフ・エクスプレス」をよろしくお願いします。