渋さ知らズ “八ヶ岳” セッション

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行い、今年30周年を迎える「渋さ知らズ」。彼らが今回だからこそのメンバーで実現させるのが「“八ヶ岳” セッション」。
フリージャズをベースにしながらも、芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚も強く、一方で演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。
ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。
FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け、数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。
また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。

www.shibusa.net