Afro Begue

ジェンベ・マスターのセネガル人オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド。
「アフロベゲ」の「ベゲ」はウォロフ語で「楽しむ」。セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。ジャンルを超えた沢山の人たちに聴いてもらうよう、全国各地のイベントやフェスティバルに出演。これまでに、国内最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZフェスティバル」「アースガーデン」「はこだて国際民俗芸術祭」「すみだストリートジャズフェスティバル」「佐賀城下Jazz Festival」など全国各地のフェスなどにも出演。
2018年、「FUJI ROCK FESTIVAL ’18」「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」に出演、大観衆を魅了。2019年4月にバンド初の7inchリリース、6月に3rd AlbumをPlaywrightよりリリース。
「ジェンベの神様」ママディ・ケイタ氏来日パーティーで演奏した際ママディ氏より高く賞賛されるなど、実力派集団として日本のアフロ・シーンに絶大な影響を及ぼすまで大成長を遂げており、今後もセネガル・日本の橋渡しとして、新しいスタイルのアフリカンミュージックを発信し続ける。

http://afro-begue.com
Facebook @AfroBegue
Twitter @AfroBegue
Instagram @afrobegue