Hi ! LIFE 八ヶ岳 2018(ハイライフ八ヶ岳)

当日券情報“避暑フェス”はじめました&トークプログラムご紹介

2018.07.19

■当日券の販売をおこないます。
■どうぞ、よろしくお願いいたします。
Hi ! LIFE 八ヶ岳では、2日券、1日券、駐車券、キャンプサイト入場券について、当日販売をおこないます。金額は前売り金額と同じです。天気予報も上々です。どうぞこの天上の絶景フェスへご来場ください。
チケット情報はこちらから。
http://hi-life.jp/ticket/
前売りは金曜日いっぱいの予定です。

※キャンプサイト駐車券のみ、当日販売はありません。
前売りプレイガイドではまだ販売中ですが、残り10枚少しの残数で残ってもギリギリなので混乱を避けるため当日のキャンプサイト駐車券は販売しません。どうぞご理解ください。

 

【“避暑フェス”はじめました】
開催前日の朝も八ヶ岳の絶景が広がる「ハイライフ八ヶ岳」会場サンメドウズ清里です。
ありがたいことに設営開始から毎日快晴、朝晩は長袖シャツが欲しくなるぐらいの涼しさで本当に快適です。ぜひ皆さん、酷暑を避けて標高1600m高原のハイライフ八ヶ岳で“避暑フェス”はいかがですか?(笑)
[注] ただし紫外線は強いので、日焼け対策は万全にお願いします。

■トークプログラムのご紹介
本番直前、最後の最後のご紹介で恐縮ですが、Hi ! LIFE 八ヶ岳では、タグラインに掲げる「Organic、Festival、Ecology」と地域自然の未来への、トーク企画を実施します。場所はいずれも会場真ん中のDJテントとなります。ささやかですが地域の特色ある活動を広げる方々と出演ゲストが交わり、未来へのタネをまくような場になればと願っています。どうぞご参加ください。

■21日(土)14:20-15:00
「八ヶ岳への移住と地域文化」
佐々木俊尚(ジャーナリスト)
シェルパ斉藤(紀行作家&バックパッカー)
斎藤健一郎(朝日新聞記者)
林 史記(清里日報)
ーーー
多拠点居住を実践し各地での草の根の地域活動にもコミットするジャーナリストの佐々木俊尚さん、実は昨年のHi ! LIFE 八ヶ岳にお客さんとして来場してくれていて、今年も是非にと言ってくださいました。そんな佐々木さんと、副実行委員長でもある地元長坂に住むシェルパ斉藤さん、さらに須玉と東京で2地域居住する朝日新聞記者の斎藤健一郎さんが勢揃い。
八ヶ岳清里の毎日の風景を発信して人気の地域サイト「清里日報」を主宰する林史記さんこと“ぱや”さんが、3人に聞く、八ヶ岳からの移住と地域文化のお話しです。

■22日(日)14:00-14:40
「八ヶ岳の自然文化とパーマカルチャー」
Yae(半農半歌手)
四井真治(パーマカルチャーデザイナー)
沖野修也(音楽プロデューサー/選曲家)
川嶋直(清里在住/実行委員長)
ーーー
会場からは八ヶ岳は勿論、南アルプス、富士山、瑞牆山に金峰山から秩父連峰までが一望の360度の絶景が広がります。こうしたまさに“ランドスケープ”そのものの自然の広大な広がりの中での八ヶ岳の自然文化について、ここを拠点に各地で活躍する今注目のパーマカルチャーデザイナー四井真治さんを中心に、半農半歌手を掲げるYaeさん、幅広く社会にコミットする発言を続ける音楽プロデューサー沖野修也さん、そしてHi ! LIFE 八ヶ岳の実行委員長で環境教育家の川嶋直さんが語り合います。

パーマカルチャーデザイナーとして活躍する四井真治さんの
八ヶ岳山麓の自宅でのインタビュー記事はコチラです
http://www.earth-garden.jp/culture/59687/